読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1049749
0
合理的避戦論
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
信濃毎日新聞の主筆に就任

『合理的避戦論』
[著]小島英俊 [著] 東郷和彦 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 さて当時の東京朝日には杉村楚人冠、中野正剛、美土路昌一らのそうそうたる論客が揃い、半井桃水、大庭柯公らも籍を置いていた。おそらく悠々のジャーナリスト生活の中でも最大の新聞で、もっとも多くの人材に囲まれた時代であった。こんな時に彼は「べらんめえ」という匿名時評を次のような文句で書きだし、東京朝日新聞に連載を始めた。


 こう、政治、政治ってソンナに政治を振り廻すなよ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:951文字/本文:1134文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次