読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1049802
0
合理的避戦論
2
0
1
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ノンキャリアながらスピード出世──野中広務

『合理的避戦論』
[著]小島英俊 [著] 東郷和彦 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 一方、一九四三年、園部中学を卒業した野中は鉄道省大阪鉄道局へ就職する。配属されたのは業務部審査課で、各駅の経理や出札・改札で職員の不正が行われていないかをチェックするセクションである。一見地味な部局に見えるが、課員が三〇〇人いたというから、不正はかなり横行し、その抑制は鉄道省でも決して陽の当たらないセクションではなかったのだ。野中は不正を見つけて、事実関係を調べ、対案も付けて上司に報告したが、いつも適切であった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:818文字/本文:1027文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次