読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1050211
0
ヒット食品人気のカラクリ
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
使い道のなかった小エビが大化け! エコロジー精神が生んだ「かっぱえびせん」

『ヒット食品人気のカラクリ』
[編]マル秘情報取材班 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 大正時代、カルビー株式会社の創業者、松尾孝(まつおたかし)が子どもの頃によく遊んだのが、広島県北西部を流れる太田川。そこで「がんもん」とよばれる小エビを捕って遊んでいたという。このエビをかき揚げにしてもらい、食べるのが松尾少年の楽しみだったとか。

 こののどかで幸福感あふれる思い出から生まれたのが、1964年(昭和39年)に発売された「かっぱえびせん」。当時瀬戸内海では、魚の漁で網にひっかかってとれるが用途がなかった小エビが大量に捨てられており、それを有効利用しようというのが松尾の案であった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:733文字/本文:982文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次