読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1050862
0
天才と死
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第一章 北野武あるいはビートたけ死

『天才と死』
[著]荒木経惟 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ときは一九九七年七月、ところは浅草。世は参議院議員選挙投票日前日とあり、土井たか子女史が熱弁ふるう昼下がりの雷門。その裏手のまた裏の、きよこママ待つクラブ「松」。沖縄帰りのアラーキー、北野武を待ちにマツ。突如、Aが「ヤッホー」と、いつもの雄叫び。ハブ酒のきいた御挨拶。「どうも」と小声で現れしは、北野武あるいはビートたけ死。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:163文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次