読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1050965
0
ケネディ家の呪い
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
女家長への道を歩み始めたキャロライン

『ケネディ家の呪い』
[著]越智道雄 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 この母娘は、ともに編集者や写真家になろうとした。つまり、メディア側に立とうとした。まだ著名になっていなかった時期のジャックリーンは、二つの機能をこなし、それゆえに夫と出会い、やがては結婚した(第二章)。

 幼いころから世間に知れわたっていたキャロラインは、そうは行かなかった。一九七七年、『ニューヨーク・デイリー・ニューズ(NYDN)』のインターンになった彼女は、記者たちが声をかけて用事を頼んでくれるまでの二時間、ベンチに座りっ放しだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:810文字/本文:1031文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次