読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051584
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
三代にわたる歌姫(ディーヴァ)のDNA

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 平成十一年六月十八日夜八時、テレビ朝日の『ミュージックステーション』に宇多田ヒカルが、初お目見えした。

 藤圭子の生みの親である石坂まさをも壁にもたれて、テレビに釘付けになった。

 キャスターの二人が、ヒカルにインタビューする。
「お母さんとの遺伝子に関係ありますか」

 ヒカルは、キッパリ答えた。
「ない」

 しかし、石坂は違うと思った。曲作りの苦労話を聞く。あっけらかんとした表情に、若き日の藤圭子を彷彿とさせているのだ。

 ヒカルが歌い上げたのは、『First Love』。

 その歌を聞いて石坂は、電撃が走った。
〈この子は天才だ。歌はバラードだが、ハミングで始まり、歌詞は平凡なようでいて英語も入り斬新だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1426文字/本文:1726文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次