読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051587
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
もう死にてえ

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 純子は昭和三十二年四月、旭川市の大有小学校に入学した。〈近文市場〉という汚いアパート街の裏手のアパートから学校に通っていた。

 アパートは雨が降ると、ひどい雨漏りがした。兄妹は持ち場を決め、兄は手桶、純子はコップをささげ持って、落ちてくる雨と戦った。
「ほら、そこがもるぞぉ」
「兄ちゃん、洪水だわ」

 そんなことを言いながらオンボロアパートで兄と面白がって騒いでいたという。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:959文字/本文:1144文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次