読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1051604
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あなたのところでやります

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 石坂まさをが、意図的に「コロムビアデノン」からのデビューを断念したのは、じつは、「コロムビアデノン」と交渉を進めている最中に、あるひとりの人物と出会ったからである。

 昭和四十四年五月下旬、石坂は、ひとりで、赤坂東急ホテル四階にある「RCA」にぶらりと顔を出した。「RCA」は当時、日本橋に本社を持つ「日本ビクター」のひとつの事業部であった。クラシックの名盤の権利を数多く持ち、またフランスのポップス歌手シルビー・バルタン、アメリカの御存じエルビス・プレスリー、ニール・セダカ、ポール・アンカなどの人気スターを抱えた世界的なトップレーベルであった。昭和四十三年からは、邦楽の分野にも進出し、和田アキ子、内山田洋とクール・ファイブ、森田健作などのスターを輩出していた。石坂は、表敬訪問のつもりで訪ねたのである。

 石坂は、オフィスに入るなり、応対に出た若い男に名乗った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:3266文字/本文:3649文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次