読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1051622
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
時代と添い寝した女

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 南沙織、山口百恵や郷ひろみらをはじめとする有名歌手を次々と世に送り出した音楽プロデューサーである酒井政利が藤圭子と初めて会ったのは、藤のデビュー曲『新宿の女』が出た直後のことであった。

 藤を世に出した作詞家の石坂まさをの鼻息は荒かった。
「とにかく、天才的な勘の持ち主なんだ」

 その熱さとは対照的に、藤圭子は、顔色ひとつ変えなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:935文字/本文:1102文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次