読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051624
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大阪なんか、行かない!

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 シングルで二十週連続、アルバムで四十二週連続の一位という異常な人気は、藤圭子に休息を与える暇もなかった。

 移動する時は、マネージャーの成田忠幸が肩を支えて、藤圭子が寝たまま歩いたこともあった。日本テレビの『紅白歌のベストテン』の収録が渋谷公会堂であったときには、そのリハーサルの最中、藤の生理の出血がひどくて救急車で運ばれていったこともある。

 藤は、それでも生放送には帰ってきて、普通に歌っていた。

 成田は、傍で見ていて思った。
〈絶対、お母さんに家を建ててあげる。幸せにする。そのかわり、石坂先生に言われた通り、やってやろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1274文字/本文:1538文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次