読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051637
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
じゃ、離婚しちゃえば

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 藤が前川と結婚して一年がすぎたころ、藤がふらりと石坂の家を訪ねてきた。
「先生、あのとき、先生と喧嘩してなかったら、わたし、前川さんと結婚してなかったと思うわ。それにわたしの人気も落ちなかったわね」

 藤は、すでに前川との離婚を決めているようだった。
「じゃ、離婚しちゃえば」

 石坂にとって、冗談のように言うことが、藤の傷ついた心を慰めることができるせめてもの方法だった。

 その数日後、藤は前川との離婚を発表した。わずか一年の結婚生活だった。

 昭和四十七年八月四日午前十一時開始予定の赤坂プリンスホテルでの記者会見が、十五分ばかりおくれた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1273文字/本文:1541文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次