読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051655
0
悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ママ大好き、ママこわい

『悲しき歌姫 藤圭子と宇多田ヒカルの宿痾』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 この年の六月、夫妻は赤ちゃんの光を抱いて一時日本に帰国した。帰国したのは藤圭子の前事務所の藤原成郷とのトラブルが裁判になり、東京地裁に出廷するためだった。

 帰国後、宇多田照實は所属事務所がなくなってしまった藤のために個入事務所を設立して社長になった。藤と二人三脚で営業を始めた。

 この時期、藤圭子はCBSソニー、リバスター音産、ポリドールと目まぐるしくレコード会社を変わっている。ヒットは出なかった。それでも、演歌歌手は過去の遺産が大きくモノをいうからありがたい。

 誰もが口ずさんだことのあるヒット曲を持つ藤には、クラブ、キャバレー、地方の公民館やホールでの歌謡ショーといった営業が月に十日以上入った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:2024文字/本文:2326文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次