読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1051845
0
戦後七〇年「右傾化」批判の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
若者はむしろ左傾化?

『戦後七〇年「右傾化」批判の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところで、「右傾化」に対する反論の材料もいくらでもある。香山リカの論理を使えば、今の若者は「右傾化」どころか逆に極左的思想を持っているということも可能だ。


 たとえば、アニメ声優の(うえ)(さか)すみれは、ソ連大好きを公言し、革命的マルクス主義者をもじった革命的ブロードウェイ(中野ブロードウェイのこと)主義者を自称し、ライブではソ連の赤色を基調にした舞台デザインにしている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:285文字/本文:475文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次