読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1051846
0
戦後七〇年「右傾化」批判の正体
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
若者は反権威

『戦後七〇年「右傾化」批判の正体』
[著]酒井亨 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 確かに日頃大学生と話していると、政治的な話題を積極的に持ち出す学生は、政治的な分野に関する限り、国防強化や愛国教育など、ほとんどが右寄りの思想を持っているのは事実だ。しかし、恋愛など社会問題については右寄りではない。格差やブラック企業の問題については平等志向=左翼的ですらある。


 では、どうして政治的には右寄りな思想を持ったかという点である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:809文字/本文:981文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次