読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1052624
0
店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
(7)「イノベーション」すべき七つの機会

『店長のためのやさしい《ドラッカー講座》』
[著]結城義晴 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 (1)予期せぬ成功と失敗を利用する。

 (2)ギャップを探す。

 (3)ニーズを見つける。

 (4)産業構造の変化を知る。

 (5)人口構造の変化に着目する。

 (6)認識の変化をとらえる。

 (7)新しい知識を活用する。
(『イノベーションと企業家精神』より)

イノベーションのチャンスはここにある


 右に示したのは、ドラッカーの指摘するイノベーションの七つの機会です。この七つの機会を頭に入れて、イノベーションの目標を見つけてください。
『イノベーションと企業家精神』では、この七つの機会を一つひとつの章にしてくわしく解説していますので、一読をお勧めします。

 ここでは、簡単に説明しておきましょう。


 (1)の「予期せぬ成功」とは、たとえば特定の商品が予想を超えて売れてしまったといった場合です。それを“たまたま”だと流してしまうのではなく、顧客の変化の兆候として受け止め、体系的に分析してイノベーションの目標にするということです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2966文字/本文:3374文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次