読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1052904
0
使える!得する!差をつける!仕事の裏ワザ300
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
CHAPTER 2 欲しい情報をまるごと手に入れる情報収集・活用術

『使える!得する!差をつける!仕事の裏ワザ300』
[著]戸田覚 [発行]青春出版社


読了目安時間:28分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

051 絶対に忘れない1秒記憶術

 道を歩いているときに、いい情報を発見。ところが、急いでいるうえに、ペンも紙もない……よくあるシチュエーションだが、こんなとき、あなたならどうするだろう?

 僕は、携帯電話に適当な番号を押して発信しておく。たとえば「555555555」などと入力して発信するのだ。このときに、「5555……と発信したのは、この情報を忘れないためだ」と強く思っておく。

 当然電話はかからないが、発信履歴は残っている。

 すると、あとで履歴を見たときに、情報を思い出すことができるのだ。

052 大事な情報は送信メールを探せ!

 顧客との重要なやり取りをしたメールが見つからない場合、受信したメールを探すより、送信済みメールを探したほうが早い。

 受信トレイの中はスパムやダイレクトメールが混じって、膨大な数になっているだろう。

 ところが、送信メールはその何分の一の数に収まっているはずなので、探しやすいはずだ。しかも、取引先から送られてきた重要なメールなら、まず返事を出しているはずだ。宛先で並べ替えて、記憶にある時期の前後を探すだけで、ほぼ発見できるだろう。

053 口コミ情報をネットで検索する方法

 専門用語など、わからない言葉を調べる場合、たとえば「HDMIとは」というように、用語に「とは」を付けて検索するといい。また、「HDMI とは」と、間にスペースを入れると、さらに多くの情報が見つかるはずだ。

 商品や各種サービスの口コミ情報を調べたいときには次のように検索しよう。
「商品名 口コミ」
「商品名 クチコミ」

 掲示板での情報を探したいなら「スレッド」と付ければよい。ただし、掲示板の信頼度はさほど高くないと思ったほうがいい。

054 欲しい情報を素早く見つける逆転検索術

 情報を探す際のコツを伝授しよう。たとえば、自動車「クラウン」のクラシックカーを探すとする。

 普通は、「自動車 クラウン」あたりで検索し、ヒット数が多すぎると「自動車 クラウン クラシックカー」などと、キーワードを足していくだろう。

 だが、これでは時間の無駄だ。最初から思いつく限りのキーワードを入力して複合検索するのが正解。たとえば、「クラウン 昭和30年代 自動車 名車」と多くのキーワードを指定したほうが、素早く目的のデータに行き当たる可能性が高いのだ。

055 手っ取り早い「超」簡単ブックマーク術

 Webページを見ていて、気になるサイトを見つけたら、普通はブックマーク(お気に入り)に登録するだろう。ところが、あっという間にブックマークが一杯になってしまう。

 そして、目的のブックマークがどこにあるのか見つからなくなることもある。

 一時的に記録しておきたいだけの場合には、ブックマークに登録すると、あとで整理するのが面倒だ。こんなときにはURLの左にあるアイコンをデスクトップにドラッグしておけばいい。ダブルクリックすると、いつでもそのサイトが開く。

056 メモするよりデジカメで撮っておこう

 展示会や視察などに出かけた際には、紙とペンでメモを取るよりも、ケータイやデジカメでどんどん撮影しておくほうがいい。

 パソコンの写真関連の技術は日増しに進歩している。いまや、「顔検索」機能で、特定の人の写真を抜き出すこともできる。

 また、GPS情報を埋め込んで撮影場所で分類することも当たり前になっている。

 今後は、写真の中に含まれる文字データを検索できるソフトも手ごろな価格になるだろう。どこかに紛れてしまう紙のメモより、写真で撮影しておくのが正解。将来必ず役立つはずだ。

057 新製品情報を確実に見つける検索ワザ

 新製品の情報を見つけたいなら、「ニュースリリース」をキーワードに検索しよう。最近は、小さな会社でも新製品を発表した際には、ニュースリリースを配信するのが普通になってきた。

 特に、商品アイテム数が多い大手企業では、新製品が見つかりづらいことがよくある。たとえば、トヨタなどは自動車会社なので商品点数はさほど多くないが、パナソニックや東芝で新製品を探すと、数が多くて大変だ。こんなときにはそれぞれのメーカーのサイトにあるニュースリリースページを見るのが手っ取り早い。

058 書類の捨て時の判断基準とは

 会社や自宅に、大量の書類をためている人がいる。確かに重要な資料かもしれないし、いつか使うことがあるかもしれない。

 だが、ためておいたらどんどん増えていくだけだ。ここはすっぱり切り捨てることも大切。捨てる際の目安は“半年”が最適だ。半年見なかった資料は、もう見ることはないので、捨ててしまってかまわない。カタログやパンフレットなど、ネットで探せる情報は、最初から蓄積しないのがコツ。

 ネット上にある情報を紙でため込むのは、資源もスペースもムダに使っているのと同じだ。

059 デジタルビデオは情報収集の新常識

 フルハイビジョンに対応したビデオは、1920×1080ドットの動画を撮影できる。その解像度は、想像を超えるクォリティだ。たとえば、本をめくりながら撮影すれば、文字がくっきりと読めてしまう。

 旅行先や出張先で看板や時刻表などを撮影しても、すべて読める。僕が行ったテストでは、隣のホームの時刻表をズームアップで撮影しても余裕で読めた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:11794文字/本文:13960文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次