読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1053015
0
遺品整理屋は見た!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【第27話】離島で息子が不慮の事故に 話に耳を傾ける私を見る母親の目に涙が

『遺品整理屋は見た!』
[著]吉田太一 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 駅前の小さな喫茶店。昼休みのサラリーマンに混じって、一人ポツンと窓際に座っていた初老の女性がその日の依頼主の方でした。
「○○さまでいらっしゃいますか?」

 声をかけた私に、少しこわばった顔をほころばせると奥さまが椅子をすすめてくださいました。
「どうぞ、お座りになってください」
「失礼します」
「今日は遠いところまですみません。息子のマンションには、一度しか来たことがなかったもんで、こちらで待ち合わせたほうがわかりやすいかなと思ったので……」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:908文字/本文:1128文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次