読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1053145
0
遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【第11話】六十歳のきよしファン スタッフからのひと言で気づいた故人の気持ち

『遺品整理屋は見た!!天国へのお引越しのお手伝い』
[著]吉田太一 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 故人は生涯独身を通された女性でした。発見されたのが死後一週間以上たっていたので、部屋の中にはかなりの臭いが立ちこめていましたが、そんなことよりも何よりも私の目を引いたのは、部屋の壁という壁に貼りめぐらされたポスターでした。

 「すごいポスターの量ですね」

 思わず発した私の言葉に、遺品見積もりの立ち会いに来られた故人の弟さんが微苦笑を浮かべてうなずきました。

 「ええ。何しろ、熱狂的な氷川きよしファンでして」

 「ここまでポスターで埋め尽くされたお部屋を見るのは初めてですよ」

 おそらく氷川きよしの事務所でも、こんなに貼ってないだろうというくらいの量なのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:1079文字/本文:1358文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次