読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1053819
0
うつ病は90日で90%が治る
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3.人間の心の法則と、宇宙の法則

『うつ病は90日で90%が治る』
[著]佐藤康行 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:14分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

人間の心の法則の視点から見た肉体の世界


 人間は、「肉体」というフィルターを持っていると言えます。「肉体」というフィルターをつけると、世界はどのように見えているのでしょうか。人間の肉体は、五感を始めとする感覚機能を持っています。そして、この、肉体の感覚機能によって世界を認識しています。目で見る、耳で聞く、皮膚で触れる、舌で味わう、鼻で嗅ぐが、五感です。これら、肉体の感覚機能には限界があります。


 肉体が認識したり、判別したりすることができるのは、ごくごく限られたものです。つまり、「肉体」というフィルターを通すと、世界のごく一部しか認識することができないということです。また認識できたものしか、存在するものとして認めることができません。



 電波という視覚では捉えられないものがあります。今、この時にも、電波は、目の前にあるかもしれません。しかし、人間は、見ても、耳を澄ましても、手をかざしても、これを捉えることはできません。音も、人間が聞き取れる周波数というものがあります。犬だったら、もっと広い範囲が聞こえるでしょう。自分の後ろにあるものは、もう視覚では捉えられず、存在を認めることもできません。人間の五感で捉えられるものには、限界があるということです。



 そして、感覚機能に限らず、私たちの肉体には様々な限界があります。例えば、体質は肉体の限界のひとつです。病気も肉体の限界です。病気は、遺伝的な要因が、精神的な要因と結びついて引き起こされます。遺伝的な要因も含めて、全て病気の原因は心です。


 例えば、親ががんになったら子もがんになりやすいのです。親が高血圧だったら、子どもも高血圧になることが多いのです。それは、遺伝子によって、肉体の記憶、性格など心の記憶が引き継がれるからです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6249文字/本文:6990文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次