読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1053998
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
高校時代に育まれた「助っ人気質」

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 プロ野球のスター選手となる人には二つのタイプがある。

 ひとつはアマチュア時代からスポットライトを浴びていてスター街道を走ってきた「陽」のタイプである。そしてもうひとつは、プロ入り当初はあまり注目を浴びていなかったものの、その世界でいつしか頂点をきわめていくという、いうならば(たた)き上げでのし上がってきた「陰」のタイプである。

 前者の代表がプロ野球黄金時代を築いた功労者の王貞治(おうさだはる)長嶋茂雄(ながしましげお)、現巨人監督の原辰徳(はらたつのり)などである。近いところではダルビッシュ(ゆう)田中将大(たなかまさひろ)なども代表的な「陽」のタイプだといっていい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1259文字/本文:1551文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次