読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054005
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生え抜きコーチと外様コーチの確執

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 落合中日の監督就任1年目でのリーグ優勝という結果は、落合の監督としての手腕が評価されることにはなった。落合自身も自分が進めてきた野球の手応えを確実に感じた瞬間であった。

 優勝決定後は多くの中日OBの評論家たちも高い評価を与えていた。当時の中利夫(なかとしお)OB会長は次のように述べている。
「感心したのは選手とのつきあい方、使い方だった。私もしゃべるのは苦手だったが、落合監督も決してうまいほうではない。現役時代も選手仲間で遊ぶこともなかった。そのつきあい下手の落合監督が、あれほど選手を自由奔放に使えるとは思っていなかった。選手が初歩的なミスをしても、決して怒ったりしない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1293文字/本文:1582文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次