読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054008
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
監督がGM化するとき

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 優勝した2004年以降のコーチ人事に関しても、就任当初に落合が頼った森繁和の主導で進められていった。その結果、ファンにもなじみのある生え抜きのスタッフが姿を消していくことになる。その代わりに森繁和の息のかかったパ・リーグを経験したスタッフが多く就任していったことは前述した。

 そして、2011年秋の落合解任報道から2週間後、その森繁和以下11人のスタッフの解雇が報じられた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1088文字/本文:1276文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次