読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054012
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「流儀」と「論理」が対立する瞬間

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 勝てばファンは喜ぶが、観客動員が一気に増えていくかというと、そうでもなかったという現実は、球団にとっては厳しかった。地元メディアが親会社である中日だ。リップサービスも大事な仕事というのは本音でもある。

 しかし、何度も述べているように、落合はメディアにそれほど協力的ではなかった。それもさらに球団と落合との間に溝をつくっていくことになっていく要素となった。

 じつは、落合解任の背景には、地元メディアを含めた番記者たちとの関係悪化もあるようだ。というのは、落合はその対応が上手ではないことは事実なのだが、愛想を振りまくわけでもなければ、リップサービスをするというわけでもない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1384文字/本文:1671文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次