読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054015
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「生え抜き至上主義」のチームづくり

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 プロ野球は1950年から現在のようなセ・リーグとパ・リーグの2リーグ制となった。中日は読売ジャイアンツなどと同じセ・リーグに所属することになった。新球団が多く誕生することになって、選手の引き抜きなども多い時代となっていたのだが、中日は当時の天知俊一(あまちしゅんいち)監督が中村三五郎代表にかけあい、チーム全体が一枚岩となって選手の待遇を向上させていくことで他球団への選手流出を守った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1141文字/本文:1335文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次