読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054017
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
星野仙一と落合博満

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 星野監督の選手たちに向けた監督就任第一声は「覚悟しろ!」という厳しいものだったが、その年、過去2度の首位打者に輝いた実績のある谷沢健一が現役を引退。

 こうしたこともあって、打線強化を打ち出した星野が希望したのは、ロッテで三冠王を3度獲得した落合の獲得だった。

 星野中日が落合獲得に熱を上げたのは、落合が「セ・リーグでプレーをしたい」という希望が強く、それをアピールしていたからでもあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1217文字/本文:1412文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次