読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054034
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「清武の乱」でわかった日本的GM制度の限界

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 プロ野球の経営ということでいえば、オーナーは経営を担い、GMはその運営をしていくことになる。ただ日本的な経営という発想の中では、オーナーがトップに立ってトップダウンのスタイルが優先されるという現実は否めない。だから、たとえ人事権も含めて、その任を担っているGMという存在があったとしても、トップがその人事に口出しをしてくることは十分にあることだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1205文字/本文:1379文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次