読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1054037
0
プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ファンが本当に求めていることとは

『プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 時代とともに、間違いなくプロ野球のファン気質も異なってきた。

 かつてプロ野球の球場というのは大人の男たちの娯楽の場だった。球場周辺も現在のように賑やかなものではなかった。名古屋の中日球場(その後ナゴヤ球場)や川崎球場はもちろん、大阪難波(なんば)の大阪球場も、大阪城の近くにあった日生(にっせい)球場も、広島の繁華街にあった広島市民球場も、「女、子どもは簡単に寄せつけないぞ」というような大人の娯楽場という緊張感があった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1224文字/本文:1436文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次