読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1054151
0
プロ野球なんでもランキング 「記録」と「数字」で野球を読み解く
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
▽コラム 16四球を与えながら完投勝利

『プロ野球なんでもランキング 「記録」と「数字」で野球を読み解く』
[著]広尾晃 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 1994(平成6)年7月1日、西武ライオンズ球場での対西武12回戦に先発した野茂英雄はコントロールが定まらず、毎回の16四球(被安打5)。しかし、ランナーを背負いながら3失点で完投勝ちしてしまった。

 16四球はプロ野球記録。ひとりで毎回四球を与えたのも野茂英雄だけ。普通はこれだけ打者を歩かせたらベンチに下げられてしまう。

 じつは、それまでの1試合最多与四球記録も、2年前の7月10日の西武戦で野茂自身が記録した14だった(ほかに小松原博喜も記録)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:173文字/本文:399文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次