読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1055123
0
この一冊で江戸と東京の地理がわかる!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
江戸で握りずしが発明された本当の理由とは

『この一冊で江戸と東京の地理がわかる!』
[監修]正井泰夫 [発行]青春出版社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 すしを詠った古川柳には次のようなものがある。

妖術という身で握る鮓の飯
にぎにぎを先へ覚える鮓屋の子


 熟練した手さばきですしを握っている姿に驚いている江戸っ子の姿が目に浮かぶようである。

 すしの歴史は古く、江戸においても、熟成用に飯を用いて魚だけを食する「()れずし」をはじめとし、握った酢飯に魚を載せて半日ほど押した「当座(とうざ)ずし」がすでに考案されていた。

 その後、いまの握りずしの基になる技術が生み出されるわけだが、諸説ある中でその名が知られているのが、江戸の華屋与兵衛(はなやよへえ)(一七九九〜一八五八)が考え出したものである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1251文字/本文:1523文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次