読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1055167
0
この一冊で江戸と東京の地理がわかる!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
隅田川の花火で上流を受け持つのは、玉屋か鍵屋か?

『この一冊で江戸と東京の地理がわかる!』
[監修]正井泰夫 [発行]青春出版社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 毎年七月の最終土曜日に開かれる隅田川花火大会の起源は享保(きょうほう)一八(一七三三)年五月二八日、八代将軍徳川吉宗(よしむね)水神(すいじん)祭を行なった際の両国川開き大花火にある。前年に大流行したコレラと飢饉(ききん)によって多くの死者が出たことにより、その犠牲者慰霊と悪疫退散祈願のため、水神に花火を奉納した。

 以後、毎年五月二八日の川開きの夜から八月二八日までの三か月間の納涼期間に花火が打ち上げられる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:892文字/本文:1100文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次