読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1055175
0
この一冊で江戸と東京の地理がわかる!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本でもっとも小さい自治体の所在地は、東京にあった

『この一冊で江戸と東京の地理がわかる!』
[監修]正井泰夫 [発行]青春出版社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 平成二一(二〇〇九)年一月一日現在の東京都の人口は、一二九〇万八〇〇〇人である。内訳では、区部が八七四万三〇〇〇人、市部が四〇七万八〇〇〇人、多摩町村が五万九〇〇〇人、島嶼(とうしょ)町村が二万八〇〇〇人となっている(東京都総務局統計部「東京都の人口(推計)」による)。

 東京都は北京(一一五一万人)・ソウル(一〇〇二万四〇〇〇人)・イスタンブール(九五五万六〇〇〇人)・ニューヨーク(八〇〇万八〇〇〇人)など、世界の主要都市と比べても巨大な「都市」であることがわかる(総務省統計局「世界の統計2007」[平成一九年三月]による)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:721文字/本文:988文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次