読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1055218
0
新しい自分に変わる15秒リセット術
2
0
17
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ“15秒”あれば何でも変えられる

『新しい自分に変わる15秒リセット術』
[著]清水おりえ [発行]青春出版社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
17
| |
文字サイズ


15秒はリセットの最小単位


 たった15秒で、本当に新しい自分に変われるの? ハッピーになれるの?

 この本を手にとったあなたは、きっと疑っているでしょう。

 大丈夫です。たった15秒だからこそ、変われるのです。

 思い出してみてください。新しいことにチャレンジするとき、大きな目標を掲げすぎて、三日坊主に終わってしまった経験はありませんか?

 ヤセよう!と決意して、スポーツジムに入会したはいいけれど、結局続かなかったり、資格をとるぞ!と意気込んでみたものの、テキストを買っただけで安心してしまったり。

 人間が新しい行動を起こすとき、1時間もかかることは、もう長距離走なのです。

 10キロも走った経験のない人が、フルマラソンに参加しろと言われても、チャレンジする前にやる気が()えてしまうでしょう?

 目標を達成するためには、大きな課題をクリアすることより、ひとつひとつ小さなステップを踏み進めていくほうが、心理的にも続けやすく、成功に結びつきやすくなります。

 その、小さなステップを踏むための最小単位が「15秒」なのです。

 だいたい、15秒なら「イヤだな」「面倒だな」と苦痛を感じるヒマもありません。やってみようかなと思って行動に移したら、もう次の瞬間には終わっています。

 新しいチャレンジのために、大きな一歩を踏み出す必要はないのです。まずは、小さく一歩、また次に小さく一歩……その繰り返しで、あなたは自然に変わっていけるのです。

 そのために、まずは、はじめの一歩を踏み出す勇気を持ってください。


評価はすべて最初の15秒で決まってしまう


 古い自分をリセットして、“はじめの一歩”を踏み出そうとしているあなた。これからますます、新しい人の輪に飛び込んでいく機会が増えるでしょう。

 そんなとき、意識しておきたいのは、出会って最初の15秒間です。

 人間は、相手の第一印象を、ほんのわずかな時間で決定しています。まだ言葉を交わしてもいないうちに、「この人、感じがいいな」「なんか、感じ悪いな」と、無意識のうちにジャッジしているのです。

 じつは、その判断に費やす時間が、ちょうど15秒くらいだと言われています。

 じっさい、スカンジナビア航空の元社長ヤン・カールソンの有名な著書『Moments of Truth』には、こんな記述があります。
「顧客にサービスを提供する現場の従業員の、最初の15秒間の接客態度が、企業の成功を左右する」

 ここで言う15秒間の接客態度とは、言葉によるものではありません。スタッフの身なり、笑顔、口調、立ち居振る舞いなど、ノンバーバル(非言語)で感じる部分のこと。

 つまり、人の第一印象を左右するのは、何を話しているかという内容よりも、声のトーンや目線、表情などに左右されやすいのです。

 その意味でも、初対面の人と会うときは、まだ言葉を交わす前の15秒間がカギ。第一印象で、あなたのイメージをなるべく魅力的に伝えることが大切です。

 でも、どうやって……?

 それについては、次の項目で説明しましょう。


なぜ、コマーシャルは15秒なのか?


 初対面の相手にいい印象を残したいときや自分の魅力を効果的に伝えたいときも、「15秒」を意識するとうまくいきます。

 そのお手本が、毎日何気なく見ているテレビコマーシャル。30秒、120秒と長いものもありますが、その大半は「スポットCM」。15秒で構成されている短いものです。

 なぜ、コマーシャルは15秒なのでしょう?

 理由はいわずもがなですが、15秒なら、飽きる前に終わってしまうからです。しかも、必要な情報やイメージは、15秒あればじゅうぶん伝わりますよね。

 CMはこちらが「見たい」と思ってチャンネルを合わせるものではありません。ところが、いつの()にか商品やCMソングを覚えていたりします。

 それは、映像、音楽、ナレーション、キャッチコピーを駆使して、いいイメージをギュっと凝縮し、コンパクトにまとめているからなのです。

 短いアピールのほうが、1秒あたりのメッセージが強く、濃いものになります。

 ですから、あなたを効果的にアピールしたいときは、コマーシャルの手法を応用すればいいのです。

 たとえば、コマーシャルでいう「映像」や「音楽」は、あなたの笑顔や(かも)しだす雰囲気。「ナレーション」は話し方のスピードや声のトーン、「キャッチコピー」は、あなたが話す内容に置き換えて考えてみましょう。

 それらをうまく組み合わせて演出しながら、コンパクトにまとめてみましょう。それだけで、15秒という短い間に、相手にあなたを深く魅力的に印象づけることができます。

 具体的な「15秒自己アピール」の方法は本文に載っています。参考にしてくださいね。


「1日15秒」続ければ運命さえも変わる


 ところで、心に悩みを抱えて動けずにいる人と、悩んだらその都度(つど)、解決して“進化”し続けている人とでは、いったいどこが違うのでしょうか。

 今、ネガティブスパイラルに陥っている人は、「能力がないから」「行動力がないから」「弱い人間だから」と思っているかもしれません。

 でも、そうではないのです。

 あなたが変われないのは、いつもひとつ、ちっぽけな何かにつまずいているだけではありませんか?

 たとえば、習い事はいつも「面倒臭い」とか「飽きた」というちっぽけな原因でやめてしまう。あるいは、「周囲にこう思われたらイヤだな」というちっぽけな恐怖心が、変化することにストップをかけてしまう……。

 そのちっぽけなつまずきさえリセットできれば、あなたは変われるのです。

 さあ、最初の小さな目標に向けて、一歩だけ踏み出してみましょう。達成できれば、それはもう悩みではなくなります。

 小さな一歩、つまり小さな「行動」を続けると、それが習慣となります。

 習慣とは意識せずに行なえる行動のことです。習慣が変われば、それは性格となり、自分のものとなったときに、あなたという人格にも変化があらわれます。

 ネガティブだった心のギアはいつの間にかニュートラルに戻り、いい方向へドライブがかかるのです。

 あとは理想の自分に向かって、ひとつずつ、ひとつずつ、小さなステップを踏み進めていけばいいのです。

 人の心は、3カ月のサイクルで変化が起きるといわれています。まずは、15秒を3カ月続けてみましょう。

 大げさな話ではありません。

 運命を変えるのに必要なのは、たったの15秒間なのです。

清水 おりえ
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
17
残り:0文字/本文:2648文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次