読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1055234
0
新しい自分に変わる15秒リセット術
2
0
29
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
14 彼の心をつかむ出会いの15秒

『新しい自分に変わる15秒リセット術』
[著]清水おりえ [発行]青春出版社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
29
| |
文字サイズ


 素敵な出会いがあったときに、そのチャンスを生かせるか、生かせないか。恋愛においては、そこが成否を決める運命の別れ道といっても過言ではありません。

 チャンスを生かせる人は、さりげない自己アピールがとても上手です。「なんかあのコ、気になるな」「また会いたいな」と相手に思ってもらうために、何らかの“宣伝”をしているのです。

 チャンスを逃しやすいのは、なんの宣伝もしない人。合コンのような場でも、ニコニコしていて性格はよさそうだし、控えめで好感が持てる。ルックスも合格点。なのに、どういうわけか印象に残らない人がいます。

 私、もしかしたらそのタイプかも……というあなたは、自分を効果的に印象づける、「15秒自己PR」をしてみましょう。

 まずはじめに、“自分のキャッチコピー”を考えることからはじめます。

 製品や企業には、キャッチコピーがついていますよね。たとえば、「やめられない、とまらない○○」や、「スカッとさわやか××」のように。

 そのキャッチコピーが頭に残っていると、「やめられないとまらない」と聞いただけで、商品名が頭に思い浮かびます。それと同じで、あなたのイメージを相手に植え付けるための枕詞(まくらことば)として、キャッチコピーを利用するといいのです。

 じつは私自身も、自分のキャッチコピーを持っています。といっても、以前メイクさんに言われたフレーズを、そのまま拝借したものですが、相手に覚えてもらいたいなと思ったとき、こんなふうに使っています。
「以前、メイクさんに『すっぴんの黒木瞳に似ているね』って言われた清水おりえです。よろしくお願いします」

 すると、私と会うたびに、相手は「あ、すっぴんの黒木瞳だ」と思い出してくれるのです。

 さあ、あなたも自分のキャッチコピーを考えてみましょう。

 ポイントは、聞いた人が「あー、わかるわかる」とか、思わずクスッと笑ってしまうような、親近感の持てるフレーズにすること。

 どうしても思いつかない人は、私のように、似ていると言われた有名人をひとひねりしたり、似ているといわれた動物、次に生まれ変わるとしたら何になりたいか、ということを言っても楽しいと思います。
「小学生のころ、リスに似ていると言われたことのある○○です。だからというわけではないんですが、長年リスを飼っています」
「区役所づとめをしている○○です。今は地味な毎日ですが、もし生まれ変わったら、浜崎あゆみのような歌手になりたいです。ちなみにカラオケは苦手です」

 というように、キャッチコピーを含めた自己紹介文をつくったら、リハーサルのつもりで練習してみましょう。

 ちなみに、人前で話をするときは、一点ではなく全体を右から左へ見渡しながら話すとうまくいきます。

 そして、本番で使ったときに、「リスの子だね」と覚えてもらえればベスト。それがきっかけで、会話もどんどん膨らんでいくはずですよ。

15秒リセット

 15秒で相手に印象づける“自分のキャッチコピー”をつくろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
29
残り:0文字/本文:1234文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次