読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1055782
0
名著で読む世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ペルシアの未来を予言する最後の言葉

『名著で読む世界史』
[著]渡部昇一 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ヘロドトスの最後の言葉は非常に印象的です。それは、キュロスがこういったという言葉なのですが、キュロスというのはペルシア王国の建設者のような人物です。まずは、ペルシア人がキュロスにこう具申したという言葉が示されます。
「ゼウスは(民族としては)ペルシア人に、個人としてはアステュアゲスを滅ぼして、キュロス様、あなたに(アジアの)覇権を与えようとの御志でありますから、この狭い荒れ地に住むわれら(ペルシア人)としては、もっと良い土地に移り住もうではございませんか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:903文字/本文:1133文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次