読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1056023
0
装丁を語る。
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8 アート作品を併せる。

『装丁を語る。』
[著]鈴木成一 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

学生の頃から買い集めた画集や写真集がありまして、それが依頼された仕事に合ってる場合、「じゃあ使ってみようかな」という例です。「なぜそのヴィジュアルを?」って言われてもあまり説明できないんですが……まぁとにかく「なんとなく」ということなので(笑)。


オリビア・パーカーさんの写真です。タイトルとぴったりなイメージだと思った、ということですね。この『Weighing the Planets』という写真集、素晴らしいんですよ。特に印刷が非常によくて、光を封じ込めたような一冊です。特殊な写真再現の方法をずいぶん真似した記憶があります。『ローズガーデン』はテリ・ワイフェンバッハっていう、庭の草木を接写した写真集を出している方ですが、そこから使わせてもらいました。桐野さんだからもうちょっとエンタメな作りもアリだとは思ったんですが、ここは格調高く仕上げてみました。


柴田元幸・編訳『どこにもない国――現代アメリカ幻想小説集』
松柏社|2006年6月|2200円
写真:オリビア・パーカー「Adam and Eve A.D.」

判型:128×188mm 四六判
製本:上製丸背 316ページ


資材
◎カバー:OKスーパーエコプラス 四六判Y目135kg
◎帯:プライク レッド 720×1020mmT目103kg
◎表紙:OKスーパーエコプラス 四六判Y目110kg
◎見返し:スーパーコントラスト スーパーブラック 四六判Y目100kg
◎はなぎれ:19C(伊藤信雄商店)
◎しおり:22(伊藤信雄商店)
◎別丁扉:スーパーコントラスト スーパーホワイト 四六判Y目100kg

印刷・加工
◎カバー:Process4C|ツヤニス引き
◎帯:1C(スミ)
◎表紙:1C(スミ)|ツヤニス引き
◎見返し:なし
◎別丁扉:1C(DIC2492)


桐野夏生『ローズガーデン』(講談社)




伊藤晴雨の緊縛画、縛り絵です。昔、晴雨の画集を作ったことがありまして、新潮社で限定350部で5万円くらいの豪華本だったんですが、この装画はそのなかの、「美人乱舞」という木版画のシリーズの一点です。そのときに「ああ、いいな」って思った記憶がありまして……。この絵はそれほどでもないですが、女性の髪の描写には鬼気迫るものがあります。余談ですが、晴雨は現在活躍している日本画家松井冬子さんと闘わせてみたいですね。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5338文字/本文:6305文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次