読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1056427
0
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
STAP細胞の何が“画期的”だったのか

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 STAP細胞の発見がどれほど画期的だったのか、簡単に説明しておきたい。


 まず、人間には、大きく分けて二種類の細胞がある。ひとつは(かん)(さい)(ぼう)で、いわばこれは「細胞製造工場」みたいなもの。毛根の幹細胞なら毛といった具合に、決められた部位の細胞のみを製造する。


 その幹細胞からつくられるのが(たい)(さい)(ぼう)で、こちらはだいたい三か月で細胞としての寿命が尽きる。よく「三か月で人体が丸ごと入れ替わる」といわれるのは、この体細胞のメカニズムからきているのだ。


 ちなみに、死んだ細胞は、便として体外に排出される。便とは、死んだ細胞の廃棄であって食べものの残りかすではない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1389文字/本文:1687文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次