読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1056441
0
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
常温核融合はなぜ「ニセ科学」になったのか

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 まず噴出したのが、醜く浅ましい「金絡み」のスキャンダルだった。

「いったい、どちらが先に発見したのか?」


 フライシュマン、ポンズ両教授と、ジョーンズ教授の間で、たちまち激しい論争が起こった。その背景にあったのが特許の問題である。


 多くの先進国では、最初に特許を申請した人が、特許権を得られるというルールを採用している。ところが米国では、二〇一三年に法律が改正されるまで、先進国で唯一「(せん)(はつ)(めい)」を採用していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:805文字/本文:1021文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次