読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1056468
0
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「人類奴隷化」をもくろむ二つの勢力とは

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 私は長年、「闇の支配者」を追ってきた。くわしい内容についてはこれまでの拙著を参考にしてほしいが、そもそも私が「闇の支配者」を糾弾してきたのは、彼らが恐るべき計画を実行しようとしているからである。


 人為的な世紀末、ようするに「ハルマゲドン」(最終戦争)を引き起こして、人類の大半を核戦争やウイルス兵器などで抹殺する。あるいは、ウイルス兵器を使って人々の大半を「断種」、生殖能力を奪い、頭にマイクロチップを埋めこんで洗脳する。文字どおり、人々を家畜にして利用しようとする「人類奴隷化計画」だ。


 こんな狂気としか思えない悪魔のような計画を立て、一部ではすでに実行している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2069文字/本文:2353文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次