読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1056482
0
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一〇〇〇年進んでいた「イスラム医学」

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それに比べ、西洋以外で生まれた医学は、経験則を重んじた実践的なものが多い。西洋医学よりも、断然役立つ医療ばかりなのだ。


 たとえば古代中国では、今日まで続く(しん)(きゅう)や漢方といった「中医学」が生まれた。有名なところでは、「三国志」に登場する()()という人がいる。三世紀、(そう)(そう)()(てん)()だったことで知られる華陀は、中医学の最高峰とされ、アヘンと大麻、チョウセンアサガオなどを使った麻酔薬で、外科手術や皮ふの移植といった数々の医療を行なった。


 インカ帝国をはじめ、中南米の文明では、コカを使った麻酔で開頭手術をした頭蓋骨が、多数見つかっている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1493文字/本文:1791文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次