読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1056489
0
闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
不思議なオーパーツ「バグダッド電池」

『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術<現代編>』
[著]ベンジャミン・フルフォード [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 現代社会は、一八世紀以降、花開いたヨーロッパの科学文明が基礎となっている。それは「電気」と「動力」の文明といっていい。この二つの偉大な発明が、過去の文明をすべて遅れたものにした。誰もがそう考えていよう。


 たしかに、電気とガソリンエンジンなどの熱機関を中心とした動力は、とても便利だ。これらの存在なしに、現代の生活は成り立たない。


 しかし、ここでも疑問が浮かんでくる。


 本当に電気や動力(熱機関)は、一八世紀、ヨーロッパの科学が生み出すまで存在しなかったのか──と。


 もちろん、そんなことはない。オーパーツと呼ばれる遺物に、電気や動力が存在した証拠はたくさん残っている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1676文字/本文:1961文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次