読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1057133
0
宇宙のはじまり 多田将のすごい授業
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q T2K実験でニュートリノのCP対称性の破れをどうやって調べるのですか?

『宇宙のはじまり 多田将のすごい授業』
[著]多田将 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 冒頭でご説明しましたT2K実験には、二段階の目標がありました。


 これまでの第一段階の実験では、世界で初めて、ミューニュートリノが電子ニュートリノに変化したことを直接観測しました(2010~2013年)。


 現在は実験の第二段階に入っておりまして、そこでは反ミューニュートリノを作り出し、反電子ニュートリノへと変化する様子を調べています。


 反ニュートリノはニュートリノの反物質で、ニュートリノの変化の様子と、反ニュートリノの変化の様子が、どのように異なるのかを調べることが、実験の目的です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:498文字/本文:742文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次