読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1057136
0
宇宙のはじまり 多田将のすごい授業
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q 陽子と陽子を衝突させて生まれたヒッグス粒子をどのように調べるのですか? ひとつひとつ集めていくんですか?

『宇宙のはじまり 多田将のすごい授業』
[著]多田将 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ヒッグス粒子は、非常に寿命が短く、生まれた瞬間に壊れてしまいますので、検出器で捕らえることはできません。そこで、壊れた破片を集めて、そこから元のヒッグス粒子を調べることになります。寿命が短い粒子の典型的な調べ方です。まるで、遺体の科学捜査か、恐竜の発掘作業か、という感じですね。恐竜の化石も、そのままのかたちで発掘されるわけではなくて、バラバラの破片をたくさん集めて、それを組み立てて、本来の恐竜の姿を描いていくわけです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:692文字/本文:904文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次