読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1057670
0
読む筋トレ
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『読む筋トレ』
[著]森俊憲 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 私が普段の仕事の中でもっとも心がけているのは、これまでまったくやったことがないような仕事を打診されても、決して「それは無理です」と言わないことです。どんなに難しそうな話であっても、必ず「こうすればできます」という受け答えをするようにしています。
「それは無理」と答えを出すのは簡単なことです。しかし、それではあまりにももったいなさ過ぎます。せっかく自分に話を持ちかけてくれているのだから、相手は「この人ならできるかもしれない」と期待をかけてくれている。つまり、話があること自体が大きなチャンスなのです。

 そこで、無理と言ってしまったらチャンスは逃げていきます。しかし、「できない」と早急に結論を出すのではなく、「こうすればできる」という考え方をしていれば、チャンスの前髪を掴めます。

 ボディデザインの理論が、「マイナス(引き算)ではなく、プラス(足し算)の考え方」ですから、安易に「できない」と言ってしまうのは、マイナス(引き算)思考で、私の信念に反することです。それ以上に、「できる」と言わなければ、自分の中にある未知の可能性を見出すことができなくなってしまいます。

 すぐに「無理」と言ってしまう人の深層心理には、「どうせ自分にはできっこない……」というネガティブな思い込みがあります。これが、ボディデザインの成功を妨げているのは、本書で述べてきたとおり。周囲の声や、自分自身による誤った思い込みを払拭し、自分を信じて行動に移していけば、必ず結果はついてくる。この思考・発想の転換が、自分の殻を破り、新しい自分を作り出すために必要なことなのです。

 理想のボディデザインの実現にしても、仕事のスキルアップにしても、それらは言い換えれば「自分自身への挑戦」や「現状を打破」することです。

 だからこそ私は、自分の仕事の能力やパフォーマンスを向上させるため、敢えてチャレンジングな仕事を積極的に受けるようにしているのです。経験したことのない仕事にはもちろん不安もありますが、「やるしかない!」と覚悟を決めることで、集中力も増し、思考も自然と冴えてきます。


 無理だと決めつけてしまうのは、新しいチャレンジ自体を自分の経験値や枠の中だけで判断しようとしているからです。新しいチャレンジなのですから、過去の経験や思い込みだけを頼りに行動選択しようとしても無理がある、というものです。それよりも、未知のことに挑戦できるという喜びやワクワク感を、モチベーションに変えていく。その先に、素晴らしい未来が拓けてくるのです。

 リスクを取るから人は頑張れる。その真剣さが結果にもつながっていく。だからこそ、成功した時の喜びは計り知れないものになる。そして、この繰り返しこそが、その人自身を大きく成長させるのだと、私は思います。

 理想のボディデザインの実現についても、これまでの自己像に捉われることなく、未来進行形でプロセスをイメージしてみてください。一度、それまでの自分を捨てて、新たな理想の自分を作り出していくのです。

 人はもともと、新しい環境に飛び込むことに、恐怖や拒絶感を覚える生き物です。だから、「自分を一度捨てる」と言われると、萎縮してしまうのも無理はありません。しかし、思い悩むだけで一歩も動けないでいると、さらに追い詰められたような気持ちになり、その先には、さまざまな負のスパイラルが待っています。

 ボディデザインの場合、「それまでの自分を捨てる」と言っても、日々の生活の中に今よりも少しずつトレーニングを付け足していくという程度でしかありません。しかも、運動習慣が身につけば、体形改善だけでなく健康増進にも直結するのですから、恐れなければならないリスクなどありません。まずは、少しでも、できる範囲からで構わないので、行動に移してみてください。


 良くも悪くも「人生は一度きり」です。

 せっかくですから、思い込みの殻を破って、エッジの効いた生き方をしてみませんか?

 ぜひあなたもエッジの効いた体を目指して、トレーニングを楽しんでください!


 本書をご購入いただいた方を対象に私のHP上でワークアウトの特典動画を用意いたしました。ぜひそちらもチェックしてみてください。http://bodyquest.jp/book/yomu.html

二〇一〇年五月
森 俊憲
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1771文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次