読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1057814
0
バカが隣りに住んでいる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
vol.26 リスボンにての巻

『バカが隣りに住んでいる』
[著]勝谷誠彦 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

地震で凋落が始まり、現在は財政破綻に

あえぐポルトガルに学ぶべきこと

2011.8


15世紀以降、海洋国家として世界各地に植民地を持ったポルトガルだが、1755年11月1日にリスボン大地震に見舞われた。推定マグニチュード8・5~9、倒壊・火災・津波で死者5万~6万人とされる。リスボンの港と産業が壊滅した打撃は大きく、以降、新興国イギリスとの競争に敗れるなどして国力は衰退していった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:840文字/本文:1029文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次