読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1057900
0
バカが隣りに住んでいる
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
vol.112 汚染水漏れの巻

『バカが隣りに住んでいる』
[著]勝谷誠彦 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

傾いてるから漏れた!?

さもありなんの現場を描いた「いちえふ」の快挙

2013.10


10月3日、東京電力は推定430リットルの汚染水漏れの原因を発表した。タンク周りの堰(せき)に溜まった雨水をポンプでくみ上げ、タンクに入れた際に、ぎりぎりまで水を入れすぎて傾斜地のタンクからこぼれた、というのだ。一部は湾外に流れ出たと見られている。汚染水処理の新たな処理設備として導入した「ALPS」も、9月に作業員が回収し忘れたゴム板のせいで停止するなど、混乱が続いている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:881文字/本文:1109文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次