読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1057966
0
子どもを伸ばす母親は「話し方」が違う!
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子どもを伸ばすのは、テレビではなく楽しいおしゃべり

『子どもを伸ばす母親は「話し方」が違う!』
[著]福田健 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


テレビは会話の妨害者


 テレビが子どもに与える害については、これまでも、多くの方から指摘がありました。


 なぜ、有害か。ひと言でいえば、子どもの話し方の成長を妨げるからです。


 幼児は、親や周囲の人が話しかけ、それに笑顔や片言で応える。このやりとりの繰り返しを通して、話す・聞く力を習得し、向上させていくのです。


 すなわち、親をはじめとした周囲の人からの働きかけに対して、幼児にはこれを受け止め、対応していく能力が生まれつき備わっているということです。


 とはいえ、子どものこの能力も、大人が働きかけもせず、子どものせっかくの反応に応じもしなければ、未熟なままで終わってしまいます。


 現代の親は多忙です。子どもと話す機会や時間が限られます。そこに、テレビという魔術師が登場してくるのです。


 ボタンひとつ押せば、次々と面白い場面が映し出されるのですから、子どもはたちまち釘づけになります。以後、テレビの虜になって、小学生くらいになると、

「テレビのない生活なんて、考えられない」


 などと言い出す子も、出てきます。


 2歳の子を持つお母さんは、

「家では子どもにテレビを見せません」


 これがいちばん望ましいのですが、いつまでも見せないわけにはいかないのが現状です。


「夕食の時間はテレビを消す」ルールを


 テレビを見るのはやむを得ないにしても、見ない時間を設けるくらいはしたいものです。


 テレビを消すのにもっともよい時間が食事時間、特に夕食の時間です。


 夕食は家族が揃って食卓を囲む「だんらん」の場として、親子が会話を交わすよい機会でもあります。同時に、テレビを消す絶好のチャンスです。


 話し合って、

「夕食の時間はテレビを消す」


 というルールをつくってしまったら、どうでしょうか。


 ただし、テレビを消すだけでは、十分ではありません。だんらんとは、その場にいる人がうちとけて、楽しく過ごすことです。楽しさは、話すことによってもたらされるのです。


 ひと昔前の日本が貧しかった時代、食事中におしゃべりをすると、

「飯を食う時は黙って食え」


 などと、叱られたものです。今は時代が違います。食事の時こそ、おしゃべりを楽しむのにふさわしい時です。子どもが中心になって会話を弾ませる力を伸ばす場として、親はさりげなく、子どもの会話を促す役に回りましょう。


 テレビは、一方通行の情報提供です。見る者はいつも受け身です。自分からおしゃべりの口火をきったり、相手の話をうまく返したり、と働きかけが必要です。テレビばかり見ていたら、自分から働きかけて話をする力が育たなくなります。


テレビを消しましょう。

食事の時こそ、おしゃべりを楽しむ

ふさわしい時間。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1106文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次