読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1058004
0
子どもを伸ばす母親は「話し方」が違う!
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「ごめんなさい」が言える子に育てる

『子どもを伸ばす母親は「話し方」が違う!』
[著]福田健 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 人に謝るのは、自分に非があって、相手に迷惑をかけたため、

「申し訳ないことをしました」


 と、わびることです。誰だってわかりきっていることです。


 それなのに、「謝れない子ども」がいます。大人にも、言葉で一応、謝っていても、本心からわびていない人が少なからずいます。


「ごめんなさい」が言えない理由


 作家の重松清さんが書いた『カレーライス』という物語が、光村図書出版発行の国語の教科書に載っていました。


 主人公の男の子が、「一日30分の約束を破って、夕食が終わったあともゲームをしていた」ために、お父さんに叱られました。


 叱られただけでなく、「いきなりゲーム機のコードを抜いて電源をきっちゃった」のは、

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1352文字/本文:1652文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次