読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1058436
0
脳には妙なクセがある
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●「泣いて馬謖を斬る」という二律背反の葛藤

『脳には妙なクセがある』
[著]池谷裕二 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 泣いて馬謖を斬る――諸葛亮(しょかつりょう)は私情に流されることなく軍律を遵守(じゅんしゅ)し、(まな)弟子であった馬謖を斬罪しました。人間ドラマとしての『三国志』を象徴する名場面として知られています。

 ビジネスや日常生活ではしばしば、理性と心情という二律背反の葛藤のはざまで、思い切った決断を迫られることがあります。では、そんな時、脳はどのように意志決定をしているのでしょうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:444文字/本文:636文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次