読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1058610
0
思わず買ってしまう 仕掛けの極意
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
12 5勝5敗だとお客様は増える

『思わず買ってしまう 仕掛けの極意』
[著]藤木悠久治 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ほとんどの店は、お客様に勝つことばかり考えています。


 ここで言う「勝つ」とは、仕入れ値に利益をプラスして売ってお店が損をしないことを指します。たとえば、椎茸を70円で仕入れたら、店が30円利益を乗せて100円で売るということ。その状態を「店が勝ってお客様が負けた」と私は言っています。


 ほとんどの店長や売り場の担当者は、お客様に対して10戦して10勝することを目指します。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1017文字/本文:1204文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次