読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1059338
0
あやしい求人広告、応募したらこうなった。 人気バイトの裏側「実体験」ルポ
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 人気バイトの「本当のところ」、調べてみました

『あやしい求人広告、応募したらこうなった。 人気バイトの裏側「実体験」ルポ』
[著]多田文明 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ひと頃に比べて、景気は上向いていると言われる。しかしながら、()(せい)に生きる私たちには、いまだその実感はない。厚生労働省が発表した、仕事を探している求職者一人に対して何件の求人があるかを示す有効求人倍率は、平成26年5月には1・09倍になり、バブル崩壊以降で最も高い水準になったという。


 しかしその実態は、警備などの保安関係や介護サービスといった、人材の確保がもともと難しい求人募集がその数字を押し上げているにすぎない。結局のところ、多くの求職者が望む仕事と企業側の求人募集のミスマッチが多く発生しており、働きたくても職がないのが実情なのである。


 恥ずかしながら、ライターを(なり)(わい)としている私自身も、それだけでは生活が苦しくて、食うにも困るときがある。

「このままでは、いつ貯金が尽きてしまうかわからない。何か副業を探して、少しでも生活費を稼がなければ……」


 そんな(せっ)()詰まった思いから、私は誰にもできる仕事で、比較的面接に受かりやすいと思われる求人募集に片っ端から応募した。


 しかし──そこに待ち受けていたのは、「あまりにも理不尽な対応」「死ぬかと思うほどきつい仕事」「ただでさえお金に困っている求職者から、なけなしの金をかすめ取ろうとする悪徳業者」そんな恐ろしい現実だった。


 ハローワークや求人情報誌、ネット系の求人募集には、想像を絶する“深い闇”が隠されている。本書に記した私の体験談を「どうせ本だから大げさに書いているんだろう」と思う方がいるかもしれない。しかし、これはまぎれもない“現実”である。


()()(ふみ)(あき) 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:691文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次